独立を考えている人必見!開業に必要な知識と勉強法

2017年7月28日

好きなだけでは続かない!幅広い知識が必要!

サラリーマンなど会社や組織に属している人で、「いつかは独立したい」と考えたことがある人は少なくないと思います。

好きな事でお金をかせぎ、上司の指示に左右されず、自分で判断できる自営業は確かに魅力的です。しかしながら、独立するという事は自分で会社を切り盛りするということなので、経営や財務、法律といった知識が必要になります。また、会社勤めではあまり意識しないコストについても、きちんと管理しなければ、とても事業を継続させられません。

自営業では自身が経営者であり、営業、経理担当でもあります。むしろ仕事の幅は広がることを肝に銘じておきましょう。

視点を変えるだけで勉強になる!

独立には幅広い知識が必要などと言うと、「仕事が忙しくて勉強するヒマなんてない」と言う人もいるかも知れませんが、独立に向けた勉強とは、なにも机に向かってする勉強だけではありません。むしろ、日頃の仕事の中で学ぶことが多いのです。

例えば、自身が営業マンだとすれば、経理の担当者がどんな仕事をしているか、自分の上司がどんな数値を管理し気にしているのかなど、興味を持って観察するだけでも勉強になります。また、営業先の経営者が創業時、どのようにして事業を立ち上げたか、どんな事に気を遣って経営しているかなど、社外の人と話をすることも大きな勉強になります。

つまり、日々の仕事において視点を変えるだけで、たくさん身に付けられることがあります。本気で自営業者を目指すのであれば、視野を広く持ち、情報の感度を高める努力が大切なのです。

フランチャイズとは、たとえば、法人や本部に加盟する人(コンビニのオーナーなど)が本部からサービス形態、商品などを使用する権利をもらって営業します。そして、その対価を本部に支払うという仕組みのことです。