社員研修は社内で行うべき!その3つの理由とは

2017年8月26日
投稿先 未分類

会社の理念を伝えるのも大事な目的

社員研修の役割として大事なものに、会社の理念を浸透させることがあります。これは部門同士のやり取りにおいて、理念という共有意識がなければそれぞれの利益を優先してしまうからです。会社が一丸となって収益率を高めるためには、社内の法律とも言える経営理念を共有する必要があります。これは社外の研修では学ぶことができません。

効果的な研修は会社ごとに異なる

社員研修では業務に生かせる形でのスキルアップを目指します。これは外部の研修では望めないものです。実際に日々の業務に生かせる形で研修を行わなければ、教わったことをすぐに忘れることになります。そのためには、社内で日常の業務に則した形で研修を行う必要があります。もちろん、モノを教える素人が講師となるわけですから、それなりのマニュアルは必要になります。そこで研修の結果を数値化した評価で残し、次の研修へとフィードバックさせることが必要です。

研修は費用対効果を高めるのが目的

社内に仕事を教えるだけならば、各部署で行うだけで十分です。それをわざわざ集めて研修を行うのには理由があります。教えるべきことを体系化してまとめて講習を行い、その結果を評価して次の講習の質を高めるという取り組みをした方が効率が良いからです。つまり社内研修は費用対効果を意識する必要があります。そこで外部委託の研修サービスを利用するとなれば、余計な費用がかかりますし費用対効果は下がります。そのために社内で研修を行い、その結果を次に生かすように工夫するというわけです。

社員研修とは、社員を雇っている企業が、社員のパフォーマンスの維持・向上を目指して定期的に行う研修の事です。