ビジネスの拡大に欠かせない物流業務の委託

2017年8月27日
投稿先 未分類

個人でお店を持つことが簡単にできる時代

お店を用意して商売をすることは初期費用がかかり、敷居の高い物でしたが、インターネット通販の発達により、個人でも簡単に通販事業を行うことが出来るようになりました。特定の商品を安く仕入れるルートを持っている人、自作の美術品や製品を販売する人など様々な形がありますが、販売数が多くなるにつれて在庫を置いておくスペースや、発送件数の増大など、物流に関する手間が増えていきます。これは仕方が無いことですが、オフィススペースの確保や、制作活動に支障が出てきては商売に悪い影響を及ぼします。ある程度の規模になったら、通販物流の委託を考えてみましょう。

小ロットにも対応することが可能です

物流業者は単に発送を代行するだけでなく、在庫の保管や発送時のラッピングなど、細かな要望にも広く対応してくれます。手数料が必要にはなりますが、物流関係のタスクが無くなることで、さらに売上高を伸ばす努力をすることが出来るでしょう。

同時に発送のプロでもありますから、コストなどの合理性を考えた発送方法の提案や、在庫を確実に管理するシステムの提供などが受けられます。商品の数や種類が増えてくると管理に手間がかかるものですが、間違いの無い行程を徹底し、確実にお客様のところへ商品を届けます。

顧客満足度の高い業者を選ぶ

物流業者は多く存在しますが、契約後に継続してその業者を利用し続けている人が多い業者を選びましょう。BtoBのビジネスでは当たり前のことではありますが、通販物流は個々業者で特色や強みを出しやすい分野でもありますので、業者の差が業務のやりやすさの差に繋がります。

最近では様々な通販サイトがあり、それに伴い通販物流会社も増えています。通販の配送を請け負う業者では未だに人員不足で労働環境が整っていません。