ネット上で教育が可能?eラーニングの仕組み

2017年10月26日
投稿先 未分類

幅広く利用されているeラーニング

大学では講義、社会人になると研修と生活していく上で常に勉強というものが付きまといます。講義や研修をする上で話を聞く受講者がいることが前提ですが、受講者に対して何かを伝える講師的存在も必要になります。その両方が同じ日時に都合を合わせることは、場合によっては難しいこともあるでしょう。

近年、インターネットの普及によりほとんどの人がパソコンやスマートフォンを所持している時代となりました。そこで誕生したのがeラーニングというシステムです。すべての大学や会社で採用されているというわけではありませんが、徐々に浸透しつつあります。eラーニングを活用することで、より効率的に講義や研修等を行うことができる可能性があります。

eラーニングのメリット

eラーニングのメリットはいくつか考えられます。何かを伝える講師的立場のメリットとしては、決まった日時に自分の都合を合わせなくて良いという点があります。事前に録画したデータをインターネット上にアップしておくだけで、あとは必要とする人が各自好きなタイミングで視聴することができます。

受講者側のメリットとしては、いつでも、そして何度でも受講が可能ということです。決められた期間内であれば何度でも視聴できるシステムを取られている場合が多いため、通勤・通学中をはじめ空いた時間に確認することができます。後でもう一度見直すことでより理解を深めることができるという点は対面式の講義や研修とはまた違った良さがあります。

また、eラーニングを利用することで誰が視聴したか確認するシステムも利用できます。確実に視聴したことが把握できるため、次のステップへつなげることができるでしょう。

派遣のeラーニングでは、インターネットを利用した学習ができます。自分の時間を調整して学習場所まで出向いて行く必要はなく、自分の都合の良い場所で、都合の良い時間に学習できるというメリットがあります。