競争が激しさを増すタクシー!集客に向けての作戦

2017年11月25日
投稿先 未分類

運転のプロフェッショナル

タクシー運転手が注目されているのは、比較的高齢になるまで勤務することが可能だからといえるでしょう。日本を取り巻く高齢化社会の影響も大きく受けていることは間違いないといえそうです。

日本でもタクシーの利便性の高さは広く知れ渡っており、常に多くの人が移動の手段として使っています。電車やバスなどとは異なり、乗客を目的地の目の前まで運んでくれる点が最大の特徴ともいえるのではないでしょうか。お年寄りや身体の不自由な人、乳幼児を抱えたママなどには頼りになります。そんなタクシーの運転手となるには、通常の運転免許の他にも、事業として顧客を乗せることができるという免許を取得する必要があります。そういう意味でも運転のプロといえます。

さまざまな集客作戦を実施

タクシー運転手には、通常のタクシー会社に入社する方法と個人タクシーとして営業する方法があります。いずれも国からの認可を受けてから始めることになるため、何かと安心です。タクシー会社に入社した場合には、その会社の給料体系に沿った形での支給となりますが、一般的には出来高制となっている会社が多くあります。そのため、多くの顧客を乗せることができれば、その分だけ収入が増えることになります。駅前や病院のタクシープール、イベント会場近くなどと、多くの人が集まる場所を選んで待機するタクシーを見かけるのも、タクシー運転手の集客作戦の一つといえるでしょう。むろん、乗客からもらったお金が丸々運転手の稼ぎになるわけではありません。一定の経費などが差し引かれた後に、給料として支払われるのが通常の形です。

大企業ともなると役員用の車が支給されます。この車を運転するのが役員運転手です。あまり募集はされませんが一定の需要のある職業で、運転技術だけでなく人格面の信頼性も重視されます。